自己紹介

サウンドヴォイスセラピスト 7期生 Takutoとは?

あれ? 農業か田舎のHPだっけ?

と、一瞬混乱された方!!

あってますよー(笑

サウンドヴォイスヒーリングをお伝えするHPです!

このHPの管理人でサウンドヴォイスセラピスト認定を受けた
7期生の『Takuto』と言います。

岡山県和気町の山の中に住んでいます。
家は本当に山の中のほぼどんつきです。

なので鹿・イノシシ・きつね・たぬき・うさぎ・小鳥と、大自然の中で生活しています。

私の横の写真は家の窓から見た風景です。

私は音楽とは全く無縁の世界に生きてきました。
まぁー、この写真を見る限り今も無縁に映りますが(笑

スポーツインストラクターを目指して大阪に状況

元々、人とのコミニュケーションがものすごく苦手で、
身体を動かすこと、スポーツを通してだったら
人との会話ができたので、子供達にそんな環境を提供する手伝いがしたい!と
思っていたのですが・・・

実践では、子供達の方が良くしゃべる!良く話す!良く会話ができる!

本当に衝撃的でした!!

ちなみに当時、どのくらい人と会話ができなかったと言えば、
マクドナルドに一人で行けなかったのです。
勇気を出して、レジに並べば、いざ注文は一言も声を発せず指さしと頷きだけの注文(/ω\)

だから、子供達のコミニュケーション能力の高さに驚きを隠せませんでした。

もしかしたら、恵まれている子供達だからかなぁ?

そんな思いで、たくさんの孤児院を訪問していました。

そうしているうちに、
「そうだぁ!この子達にたくさんの経験をさせてあげる環境を無償で提供したい!」
そうするには、どうしたらいいのだ?

と、模索して浮かんだのは、「社長になってその利益で提供しよう!」でした。

その為に、資金集めに朝から晩までほぼ24H掛け持ちでバイトです。
とにかく、基本、脳みそが筋肉みたいでしたから考えつくのもこんな方法で・・・(^^ゞ

だから、やっぱりと言わないばかりに崩壊しました((+_+))

ある日、目が覚めればそこは病院の集中治療室
本人は、そんなことはわかりません。

看護婦さんに『仕事あるので行きます』
なぁ~んてわがままを言い放題!

婦長さんが慌てて飛んできて、見せられた写真は??

豚の解体の足?

ぐちゃくちゃの状況でした。

そして、先生の登場で、一言・・・

「繋げるだけ繋げたけど、数日後腐ったら切断です」

\(◎o◎)/! 衝撃すぎてわけわからず、黙りました(笑

後から聞いた話では出血2000cc以上で死んでいてもおかしくなかったとも言われました。

その後も6ヶ月入院、十数回手術
尖足の障害(かかとが床につかない状況)をもって退院しました。

それから17年いろいろな経験をしましたが、体力がどんどん奪われ、
足が動かなくなってきました。

当時、社長業をしていたのですが、身体優先すべく、
全てを辞めて、山にこもりました。

子供達にたくさんの経験をさせてあげれる環境に身体をおいて、
身体の様子を見ながら新たに人生勉強をしていました。

山も農地も購入したので、まずは無謀にも農業に挑戦!
そして、農業を始めると足の動きがさらに気になります。

障害者センターに障害者用の靴をつくってもらいに出かけた時

診断してくださった80歳のおじいちゃんのお医者さんが、

『あんた、靴をつくっている場合じゃないよ。手術しなさい』
『私がもう少し若かったら100%あんたの足を良くできるよ』

衝撃的でした!!

いくつかの病院で過去相談したことはありましたが、手術を受けられるなんて
言われたことは一度もありませんでした。
障害者センターでも、言われたことがなかったです。

その時初めて、しかも100%!

不安もありましたが先生の言葉を信じ、大学病院へ相談しに行きました。
現役の先生はよりシビアです。
手術を受けて、今より歩けなくなる可能性もあるかもしれないし、
手術後、また元に戻る可能性もあるかもしれないと言われました。

でも、障害者センターで言われた言葉を信じて手術を受けました。

手術を受け、入院中は順調に進んでいる感じでした。
足がとても軽く感じました

でも、悲劇は起きました(ノД`)・゜・。

退院2ヶ月後、3mの土手から田植え機と一緒に転げ落ちる事故にあいました。
その後、リハビリで順調に動いていた足が急に動かなくなってしまいました。

自分の中の何かに怯えさるをえない状況でした

そんな時、『サウンドヴォイスヒーリング』に出会いました。

最初は素直に受け入れられなかったです
正直、村山友美先生も苦手な印象を受けました(笑

私にとって生理的に受けつけない印象がとっても強かったのです・・・(^^ゞ

でも、先生の言っていることはわかるし、理論が通っているので、
とにかく会って話を聞かなければ何もかわらないと思い
『サウンドヴォイスヒーリング』を受けました

音と声の力で本来自分が持っている正しい周波数、
本来の力に戻すヒーリングは、ただ聞いているだけ、
ただ音に合わせて声をだすだけで、自分自身のエネルギーが本当に変化しているの?

最初はそんな感想でした。
でも、根気強く、信じて、毎日やればやるほど何かが変化している感じでした。

気がつけば、もっともっとを追及していて、
サウンドヴォイスセラピストになっていました(笑
そして、セルフセラピスト 妻専属セラピスト として日々を過ごしていました。

そして、1年後!!

杖が不要になり、小走りですが、走れるようになりました!!

その間、感動したことがたくさん起きました。

そして、過去の自分を振り返り、もっともっと早く知りたかった・・・

そう思うようになっていた時に、サウンドヴォイスのライブお手伝いで他のセラピストの方に

「伝えるべくして生まれ持った素晴らしい宿命ですね」と言われ、はっとしました。

もっと伝えよう!

もっと知ってもらおう!

早く知ることで本当に大きく人生が動き出すならば、もっと多くの人に知ってもらいたい!

そんな気持ちが強くなり、このHPを立ち上げました。

まだまだ、自分自身も目指す先があります。

もっともっと勉強したいこともたくさんあります。

でも、できることを伝えていこうと思っています。

私自身には力はありません。

ただ、神様が指揮者とするならば、
神様の持つ『指揮棒(タクト)』になって、流れに身を任せるだけです。

周波数を魂の底から奏でる主役はあなたです。

ぜひ、神様とのシンフォニーを体験して頂きたいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする